AGA予防

亜鉛を摂取して抜け毛、薄毛を予防しよう

亜鉛は人間の体になくてはならない栄養素です。

DNAやたんぱく質の合成に関係していて、不足すると免疫機能が低下してしまいます。

そしてこの亜鉛、薄毛の改善に効果があるといわれています。
みなさんも亜鉛がハゲにいいなど聞いたことがあるのではないかと思います。

なぜ亜鉛が薄毛、はげにいいと言われているのでしょうか。

亜鉛が不足してしまうと、体の免疫機能が低下してしまい、皮膚炎や感染症になりやすくなり、頭皮環境が悪化してしまいます。

そのため、適切な量の亜鉛を摂取することがAGA治療効果をさらに高めることになります。

AGAを治療し、薄毛、はげを改善するためには、医師による医薬品での治療も必要ですが、治療を受ける患者側も頭皮環境を健康に保つための努力をすることが非常に大切なのです。

亜鉛は髪の毛の90%を占めるケラチンの生成を助ける

ケラチンは髪の毛の90%を占めている、髪の毛の素とも言える成分です。

亜鉛は人間の体の中に2gほど存在していて、たんぱく質からケラチンを生成するのを助けています。

体内のたんぱく質をビタミンBが分解することでアミノ酸になります。
亜鉛はそのアミノ酸がケラチンになるために必要な成分なのです。

体内の亜鉛が不足すると、ケラチンの生成が少なくなってしまいますので、髪の毛が生えにくくなってしまうのです。

そのため、亜鉛不足に陥らないよう、日頃から適度に亜鉛を摂取することが大切です。

亜鉛は5αリダクターゼを抑制する効果に期待できる

AGAの原因はDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンです。

DHT(ジヒドロテストステロン)はテストステロン(骨や筋肉、精子の生成や性欲上昇など、男性にとって大切なホルモン)に5αリダクターゼという酵素が結びつくことで生成されてしまいます。

亜鉛にはその5αリダクターゼを抑制する効果があるといわれているのです。

亜鉛は摂りすぎるとどうなるのか?副作用は?

亜鉛はミネラルの中でも毒性の低い物質なので、よほどの摂取量でなければ悪影響はありませんが、摂りすぎると以下のような症状が現れます。

  • 頭痛や発熱
  • 倦怠感
  • 嘔吐
  • 腎臓の障害
  • 神経障害

摂り過ぎなければ問題ありませんが、サプリメントなどを利用していると過剰摂取になる可能性もありますので気をつけましょう。

理想は食事で適度に補給することです。

亜鉛が多く含まれる食材で代表的なものは、牡蠣やレバー、うなぎ、たらこ、ホタテなどです。
ほかにはカシューナッツやアーモンなどもよいでしょう。

とはいえ、亜鉛の豊富な食材が苦手で必要な量の亜鉛も摂取するのが難しいという人は、サプリメントも充分有力な選択肢になります。


亜鉛に関するまとめ

亜鉛に関してまとめると、亜鉛は頭皮環境を整え、健康な髪の毛が生えやすくするために必要で、さらに5αリダクターゼを抑制する作用もあるため、AGA治療にお手いて大切な栄養素ですが、過剰摂取はよくありませんので過信してとり過ぎないようにしましょう。

皆さんにも正しい量の亜鉛を摂取してAGA治療をより効果的なものにしていただきたいと思います。

関連記事

  1. AGA治療をサポートする食材で抜け毛、薄毛を予防

  2. AGA治療のための抜け毛、薄毛を予防するシャンプー方法

  3. ノコギリヤシでAGA治療をサポート

  4. 糖質制限で薄毛・AGA改善糖質制限

PAGE TOP